フラワーナポリタン

この土日は良作が立て続けに来てたのでご紹介

まずは東方ナポリタン最新作

もう一年も経つのかということで
半ば忘れてましたが、やっぱりその不気味さ・怖さのクオリティーは半端ではないです。

そして相変わらず謎は増える一方
どういう結末になるのやら・・・


つづいてフラワーマスター伝説

第四話ということで、あいかわらず誤解されまくるゆうかりん
まだまだ続くようなので今後も楽しみ


そんな具合で

博麗の野望:神霊廟組顔グラ

そういえば神霊廟組の顔グラを描こう描こうとおもって
そのままにしていたのを思い出したので、この土日で仕上げてみました

久しぶりでしたが、ちゃんと描けて安堵

とりあえず各キャラの由来詳細については
Pixivにうpしましたのでそっちで見てください。



では、以下元ネタ顔グラとあわせてこちらでも紹介

画像


幽谷響子
何ともイケメンに仕上がりました
こんな顔で「羯諦羯諦」とか言ってたらカリスマオーラ凄そうです

画像


画像


芳香と青娥
邪仙にぴったりな腹黒そうな顔を探したところ
丁度残っていた官兵衛がいかにもな感じだったので青娥はこっち
で、黒田家と吉川家が仲が良かったと言うことから
芳香が広家です(本当は元春と仲が良かったのですが、そっちは雲山で使用済み)

画像


画像


画像


豪族乱舞三人組
由来はPixivにある通り
・・・なのですが、ぶっちゃけ徳川傘下で誰かいないか悩んだ挙句のこじつけです

屠自古の服の色はもうちょい頑張りたかったのですが
どうにも弄れば弄るほどおかしくなったのでここで妥協。
太子の髪の色は存外うまくいったので満足です。
8色しか使えない縛りがあると、発色を調整するのも一苦労。

画像


最後はマミゾウ
どうみてもおばあちゃん、いやむしろお爺ちゃんか
発色で言えばマミゾウの服が一番厄介で
似たような感じでありながら、微妙に違う淡い色合いで構成されているというのが問題。
8色表現の場合、極彩色は出しやすいのですが
逆の淡い色調はちょっとでも狂うと全然違う色になり無茶苦茶調整が面倒なのです。

というか、神霊廟組の連中は今回はそろいもそろって
淡い色合いばかりなので色合わせが一番大変でした。

・・・さて、ゲームの方に取りかからねば

あと拍手コメが来てたので返事

ネコテイより
>ありがトー

アリガトウ・・・ってあれ?
ココロじゃなくてネコテイ?!
むむむ、いったい何が・・・